aotopapa’s blog~live~

今まで住んだ事のある場所の紹介

3 青葉町

3回目の今回は札幌市の青葉町です。

以前、紹介したもみじ台の隣町にあたります。

が、全く趣が異なり団地もあるにはあるのですが 基本戸建てが多く経済観念や人生設計をしっかりとした地に足の着いた大人な印象を勝手に持っています。

小学校のクラスにはもみじ台組と青葉組が混在していて、でもパッと見でどちらがもみじ台の子・青葉の子とハッキリ分かるほど家庭環境に差異があります。私はもみじ台組なので友人の家に遊びに行っても親御さんが如何にも もみじ台の子は嫌だなぁ というオーラが出てるのがわかりました。1980年代はまだハラスメントという言葉が浸透していなかったしSNSも勿論ないのですが、もしあったら『〇〇ハラ』と名称が付いててもオカシクなかったんじゃないかな?先生方の空気感も同様で問題を起こす子はいつも、もみじ台組 みたいな雰囲気でした。ま、その対極にあったのが青葉町なんで、これ以上は言わずもがなでしょう。

交通アクセス

青葉町は南北に長く北側は新札幌に接しているのでJR 地下鉄 バスターミナルなど充実しています。札幌市内でもJRも地下鉄もバスターミナルも3つ揃ってるのはココと琴似だけではないでしょうか?

但し、南側は北広島市に面しておりアクセスはバスないし、少し離れたところに上野幌駅がありますが便も頻繁になく快速・急行が停まるような駅ではありません。

こちらは自転車でもいいですが一年の半分は雪が残っている札幌ですのでやはり車がないと不便です。唯一良いところは山渓園があるところかな?勝手ながら私の中での青葉町の№1レコメンドは山渓園です。川の畔にあった趣のある食事処です。まだ営業していることを切に願います。中々情緒ある店の記憶があります。

まとめ

正直3ケ月程しかいなかったので余りDEEPな情報は無いのですが、確か庭に石膏像を飾ってある家があって友達らと見に行った記憶もあります。

やはり、厚別区の中では若干ブルジョワ感があります。

次回は豊平1条1丁目です。ここには少し長くいたので(それでも一年半くらいかな?)もう少し、深いブログになると思います。では。