aotopapa’s blog~live~

今まで住んだ事のある場所の紹介

4 豊平1条1丁目

ここは5階でEV無しのワンルームでしたので家賃が3万4千円でした。

勿論 札幌なんでストーブは付いてました。エアコンは無いですけど問題ないですね。

周りの環境

地下鉄の駅・・・・・東西線菊水駅徒歩5分 割と近いです。

繁華街・・・・・・・豊平川を36号線越えていけばチャリで数分で薄野です。

自然・・・・・・・・目前に豊平川が流れてます。癒しスポットです。

スーパー・・・・・・菊水駅にマックスバリューあり。コンビニもあり。

イベント・・・・・・花火大会は混雑無くみられるので最高でした。

飲食店・・・・・・・ラーメン屋さんもあり不便ではない。

アクセス・・・・・・薄野から近いこともあり結構、いろんな人が男女問わず遊びに来ました。合コン前のお風呂替わりに来た娘もいたし、2次会の家飲みには良く会場として提供されました。屋上にあがる非常階段が窓の横にあり、屋上で飲んだこともありましたね。今となってはいい思い出です。よく落下しなかったとも思います。若かったのでしょう。

事件

治安・・・・・・・・これは意外と閑静で良いなと思っていたのですが、一度事件がおこりました。コレだけは今でも鮮明に覚えています。ここの部屋での思い出は多数ありましたが、これが一番だからです。朝の4時半に出勤のためでMSをでると路地に出た瞬間いつもと様子が違います。勿論朝早いこともあり人気は無いのですが、それとも違う雰囲気でした。よくよく眼を凝らして左右の通りの先を見てみると規制線が張られています。どちらも。あと、左の路地にはタクシーが一台停まっていました。で規制線付近に数人程度の小さな人だかりが出来ています。一瞬なにか把握できなかったのですが、ひと呼吸をいて落ち着いて考えると私が期せずして規制線のなかに急に現れた謎の人と化していることに気づきました。そうです、周りの人からみると入りたくても入れず遠巻きから見てたやじうまや記者さんの目前に急に刑事以外の男が現れたという状況です。間髪入れず如何にも刑事みたいな人がにじみより私を足の先から頭の先までゆっくりと嘗め回すように見てきます。で警察手帳をかざされ人生初の職質を受けました。

一通りの質問に答えている最中に何があったのか尋ねました。すると、私の左手にある停車中のタクシーで強盗殺人があったとの事。 極力時間の許す限り応対には当たったのですがなんせ社畜と化した私は遅刻してはマズいとの考えの方が優先事項として判断してしまい、他は休みの日に来てくださいと、にべもない返答をしまだまだ聞きたかったであろう刑事さんを振り切って出社しました。後日、本当に刑事さんが聞き込みに来ました。相変わらず捜査に進展はないような口ぶりでした。30分くらいだったでしょうか?家に上がって取り留めのない話をして終わりました。恐らく部屋の中を見て犯人じゃないか?の探りに来たのだと思ます。でも、当時は20歳ソコソコの貧乏フリーターの部屋ですので特にめぼしいものもなく直ぐに容疑者からは外れたものと思います。数十年たった今でも犯人は捕まっていません。今、16年前の東京足立区の強盗殺人犯が自首してきたニュースがやってますが、そのようなことがない限り犯人は捕まらないように思います。逃げられてしまうんですね。殺人をしても。大変悼ましく思います。

まとめ

事件さえなければ多方面文句のつけようはないのですが、やはり人がなくなるというのは悲しいですし殺人は許されるものではありません。一刻も早い解決を願います。でももう難しいのかと思いますが、遺族の身になったら。。。

ここには色々な意味で印象深い住まいでした。次回は西屯田通りです。では